2013年05月31日

肥満予防とダイエットは

肥満予防とダイエットは少し異なります。
それは、肥満にならない為の生活と、肥満解消のためのダイエットです。

又は肥満でないのに意図的にダイエットする。などが有りますが、その目的はあくまで健康の維持と促進で無くてはなりません。肥満の基準とは体脂肪が男性で18%、女性23%で、体脂肪率は男性20女性30です。これを超えると肥満の領域となります。

肥満はメタボリック症候群診断の基本的症状でもあり、この診断基準に腹囲があります。

男性85cm、女性90cm以上が要注意となります。この様に今や肥満は万病の元であると言われますのでこの予防が重要です。

ダイエットは肥満になった人と、肥満体質を改善する人に必要です。この肥満の解消と予防に共通して大切なものは、食事と運動と休憩です。

肥満の原料は食事の栄養素の蛋白質、糖質、脂質からのカロリー量の摂り過ぎと、運動不足はエネルギー量の代謝不足となり、睡眠不足は基礎代謝量とストレス解消の不足となります。

肥満予防もダイエットも、このカロリーの過不足で体脂肪の増減の制御できます。

食事は抗酸化食品とミネラル並びに食物繊維に心がけて適正カロリー量を、運動は軽度運動の日々の継続を、睡眠は7~8時間を、これ等を規則的に継続する習慣が、肥満予防と健康ダイエットの基本となります。

この基本を補完矯正調和させるものとして、代謝機能の促進や筋肉の増進及び抗酸化機能を有する食品の特定健保食品やマイクロダイエット食品などや他面、体の歪みから来る肥満の予防と痩身に、整体、骨盤体操などを加えると効果的な肥満予防とダイエットが出来ます。

肥満予防とダイエットは、自分の生活習慣の弱点を知り、この補完矯正調和する選択が大切です。
posted by i9zou at 14:47| Comment(0) | メタボリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボは低カロリー食で防げない

今若い人を問わず、低インシュリンダイエットが、肥満予防食生活の主流を占めているようですが、一見痩せ型の体系の方の約半数以上の方が、隠れ肥満のメタボ、糖尿病予備軍と言う驚くべき診断結果があります。

毎日、野菜食を主とし、糖分を控えて一日1500カロリーの低カロリーの理想的食事を心掛けているのに、どうして内臓脂肪が蓄積さるのか?

その原因は、脳の糖(ブトウ糖)不足による交感神経モード(緊張・興奮)の継続で、体が飢餓(危機)に備えるモードが続くことにあります。

交感神経モードの体の状態は、緊張(ストレス)の為に消化や細胞を修復する副交感神経が働かない消化不良の状態で、腸は飢餓に備えて、脂肪を蓄積して行きます。従いまして、極度の糖質の(炭水化物)を避けることは、内臓肥満への道を歩むこととなるのです。

これが太らずに内臓脂肪が溜まる理由です。そこで、食事の栄養バランスが重要となります。

食事の三大栄養のバランスは、エネルギー比で、糖質(50〜60)、脂質(25〜30)、蛋白質(15〜20)を考えます。

尚加えて、カロリーはありませんが、血糖値の抑制や体内の廃棄処理に大いに機能する植物繊維を多く摂取することが重要です。
又、一日の標準必要カロリーは、標準体重=身長I身長I23.I標準係数(25kcal)=標準必要カロリーとなります。

食事での三大栄養の目安は、糖質(4)脂質(9)蛋白質(4)「カロリー/1g」であり、食事の摂取エネルギー量比は「6:1:2」の換算となります。

これは、穀物や麺類の炭水化物の1/3の肉類(50g)程度と多めの野菜炒めなどを食することとなりますので、普通の食事量と言えます。

この様な適正な糖質量を摂る食生活習慣が、脳からの交感神経と副交感神経の順調な営みを保ち、体内の糖代謝を正常化し、メタボに強い健康な生活ほ保障することとなるのです。

ダイエットの痩せることで内臓脂肪は減らせるか?

近年肥満が嫌われ、スリム美人が流行となっていますが、健診制度の改革でメタボ対策の健診が施行されましたが、この調査結果から、スリムと内臓脂肪とに直接の関係はないことが明らかとなってきました。

肥満には、体内脂肪の定期預金役の皮下脂肪と普通預金役の内臓脂肪がありますが、この内、腸を囲み腹部に蓄積される活性的な脂肪の内臓脂肪が問題となります。普通預金役の内臓脂肪は身体のエネルギー飢餓に備えて、多くの遊離脂肪酸をいの一番に放出する、溜まり(蓄積)易く、また減り(消費)易い脂肪です。

さて、低カロリー食や節食で痩せてることができても、この内臓脂肪が溜まる大きな理由の一つに、自律神経の失調があります。

又、低カロリー食に限らず、同じカロリーの食でもその食材の糖質量の差が関係してこの内臓脂肪が溜まらないことも分かっています。

さてこの原因は、脳の交感神経にあります。この交感神経は、主にブドウ糖で機能していますが、このブドウ糖が不足すると、自律神経は、身体の飢餓モードから抜け出せなくなるのです。

副交感神経は、消化器官から栄養を補給しますが、交感神経が優先して、この副交感神経の出番がなくなり、食事からの栄養補給が切られて、脳のブドウ糖も欠乏し飢餓モードが継続することになります。

さて、飢餓モードが続きますと体に色々の不調が生じてきますし、内臓脂肪の増加から肥満と変化することになるのです。

従いまして、単にスリムになることがメタボ予防なることではないことがお分かり頂けたと存じます。

炭水化物などの糖質も、適当に取らなければいけないのです。
カロリー比で、蛋白20:糖質60::脂質20:野菜たっぷりの食事をお勧めします。


posted by i9zou at 14:30| Comment(0) | メタボリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肥満の根本原因解明か!!

肥満は、あなたにも他の人にも歓迎されるものではありません。

今やメタボリックシンドロームと言われる内臓肥満型症候群は、国の健康対策として健康診断に加えられ、その撲滅を期していますが、中々その効果が見えない状況です。

貴方も、ダイエットに苦労をしていませんか。

肥満の基準の一つに体脂肪率があり、体重の30%以上を占めると、肥満症となります。

色々のダイエット法が紹介されていますが、ただ、ダイエットの対策に、一つの疑問が生じていました。

それは、同じものを同じ量で食べても、肥る人と太らない人がいることです。

苦しいダイエットを続けても、その効果が得られない人も多いのが現状があり、その中に、肥満遺伝子とは異なる、この体質の人が存在しているのです。

それは、腸内細菌です。

人の腸内細菌には、グラム陽性菌の、グループ、ファーミキューテスと、グラム陰性菌のグループ、バクテロイデスが存在しますが、問題はその相対量に、肥満が関係することが解明されたのです。

ファーミキューテス菌は、芽胞形成能力を有し、バクテロイデス菌は、糖を発酵して「乳酸」や「酢酸」を産生しています。

近年(2009)のワシントン大学の研究者が、マウスの実験で、この腸内細菌ファーミキューテスの微生物が、肥満エネルギー生産工場となることを突き止めました。

即ち、ファーミキューテス菌の量がバクテロイデス菌の量より大であるほど、腸内のエネルギー変換機能が大となって、肥満となることを確認したのです。

逆の比率の場合は、肥り難い体質の人となります。

理論的には、「ファーミキューテス菌の量<バクテロイデス菌の量」の体質となれば、肥満は解消されるわけです。

ただ残念なことは、一般の処方箋は、まだ先の話の様ですが。


posted by i9zou at 14:16| Comment(0) | メタボリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。