2013年05月31日

肥満の根本原因解明か!!

肥満は、あなたにも他の人にも歓迎されるものではありません。

今やメタボリックシンドロームと言われる内臓肥満型症候群は、国の健康対策として健康診断に加えられ、その撲滅を期していますが、中々その効果が見えない状況です。

貴方も、ダイエットに苦労をしていませんか。

肥満の基準の一つに体脂肪率があり、体重の30%以上を占めると、肥満症となります。

色々のダイエット法が紹介されていますが、ただ、ダイエットの対策に、一つの疑問が生じていました。

それは、同じものを同じ量で食べても、肥る人と太らない人がいることです。

苦しいダイエットを続けても、その効果が得られない人も多いのが現状があり、その中に、肥満遺伝子とは異なる、この体質の人が存在しているのです。

それは、腸内細菌です。

人の腸内細菌には、グラム陽性菌の、グループ、ファーミキューテスと、グラム陰性菌のグループ、バクテロイデスが存在しますが、問題はその相対量に、肥満が関係することが解明されたのです。

ファーミキューテス菌は、芽胞形成能力を有し、バクテロイデス菌は、糖を発酵して「乳酸」や「酢酸」を産生しています。

近年(2009)のワシントン大学の研究者が、マウスの実験で、この腸内細菌ファーミキューテスの微生物が、肥満エネルギー生産工場となることを突き止めました。

即ち、ファーミキューテス菌の量がバクテロイデス菌の量より大であるほど、腸内のエネルギー変換機能が大となって、肥満となることを確認したのです。

逆の比率の場合は、肥り難い体質の人となります。

理論的には、「ファーミキューテス菌の量<バクテロイデス菌の量」の体質となれば、肥満は解消されるわけです。

ただ残念なことは、一般の処方箋は、まだ先の話の様ですが。


posted by i9zou at 14:16| Comment(0) | メタボリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。